EIKOH LiNKSTUDY

22年度合格体験談 – 難関中学受験対策専門コース

2022.06.21

オンライン授業で時間を有効活用。
自分のペースで学習できるので、楽しみながら合格できた。

H・M さん
進学校:鷗友学園女子中学校
合格校:大宮開成中・共立女子中・東京女学館中
在籍教室・コース:リンスタアドバンス 難関中学受験対策専門コース

――受験を意識し始めたのはいつですか?
3年生の夏です。両親に塾を勧められたことがきっかけで受験を意識し始めました。そこで栄光の体験授業を受けてみたところ、説明がわかりやすくて楽しそうだったので受講してみようと思いました。

――志望校はどのように決めましたか?
6年生になり、鷗友中の説明会に行きました。体育祭や部活動の説明もあり、楽しそうで自分にも合っていると感じたので志望校に決めました。
特に体育祭のムカデリレーで先輩方が盛り上がっている映像が印象に残っています。

――好きな教科はありますか?
理科と社会が好きです。理科と社会のテキストの中には写真や図、イラストなどがたくさん載っているし、野鳥を観察することが好きなので、そのことも影響しているかもしれません。
国語は嫌いではありませんが苦手です。

――6年生からはLiNKSTUDYでの授業を選択されたのですね?
はい。通塾型にすると、教室まで通うのに30分程度の時間がかかります。その時間をもっと有効に使いたいというのが最大の理由です。
通常の授業はだいだい午後8時ごろに終わるのですが、そのおかげで食事もゆっくりと取ることができるようになりました。

――質問などはどのようにしたのですか?

専用のアプリを使って質問します。宿題の提出や、お知らせの受け取りなどができるアプリなのですが、理科の滑車の問題がわからなくて質問したこともありました。
時間を気にせず質問できるのでとても便利でした。

――オンライン授業はどうでしたか?
チャット機能を使って、問題を早く解けた順番を競ったことがおもしろかったです。先生がオリジナルで作成してくれたスライドも、下のほうにタイマーで制限時間が表示されるよう工夫してあって、楽しく取り組めました。

――配信授業と双方向型オンライン授業をくわしく教えてください。

配信授業は説明がメインなので、一時停止をしたり、繰り返し見たりして、自分のペースでゆっくり進めることができました。
双方向型オンライン授業は、画面上ではあるのですが、一人ではなくクラスメイトも参加しているので楽しんで受けられました。
先生から指名もされるし、こちらから質問することもできます。

――1月の埼玉入試から2月まではどのように過ごしましたか?
自分のレベルにも合っていたので大宮開成中を受験しました。とても緊張しましたが入試の雰囲気を体感することができてよかったです。そこから東京の入試が始まるまでの約3週間は本当にがんばりました。

――鷗友中に合格したときのことを教えてください。
合格発表時刻よりも前にホームページを開いてみるとすでに発表されていて、自分の番号を見つけました。飛び跳ねて喜んでしまいました。父も母もわたし以上に喜んでくれて、そのこともとてもうれしく思いました。
先生方にもすぐにオンラインで合格を報告したのですが、画面越しに祝福してくれたのがうれしかったです。

――今後の抱負を聞かせてください。
まずは学園生活を楽しみたいです。それと野鳥に興味があるのでハイキング部に入り自然に触れたいと思います。

――後輩にメッセージをお願いします。
入試直前まで学力は上がります。どんなに模試の結果が出なくても、第一志望をあきらめずにがんばってほしいです。


自分にぴったりのオンライン授業。
勉強ができる幸せを感じながら志望校合格を手にした。

S・K さん
進学校:芝浦工業大学柏中学校
合格校:栄東中・東邦大学付属東邦中
在籍教室・コース:リンスタアドバンス 難関中学受験対策専門コース

――栄光ゼミナールに入ったのはいつですか?
2年生の冬です。栄光の南流山校が開校するという手紙が届いたのがきっかけです。あまり運動が得意な方ではなかったので、勉強をがんばりたいと思いました。

――中学受験をしようと思ったきっかけを教えてください。
自分の将来を考えていくうえで、中学受験の経験は必ず役に立つと、まわりの方々からアドバイスを受けたことがきっかけです。ぼく自身もしっかりと勉強し続けることが自分の成長につながると思い、中学受験をすることに決めました。

――志望校はどのように決めたのですか?
初めのころは受験や学校のことについてあまり知識がありませんでした。最初に見学に行ったのが芝浦工大柏中です。校舎が深い緑に囲まれて落ちついた環境だったこと、また理科の実験の様子にも興味をひかれました。
これから努力すれば自分でも合格できると思い、「この学校いいな」と感じました。

――6年生からはLiNKSTUDYでの授業を選択されたのですね?

6年生になるときに、南柏校で難関私国立中入試対策コースを受講しないかと勧められたのですが、自宅から通うには距離がありました。
また時間を有効に活用したいと思ったので、オンライン授業を選択することにしました。

――「難関選抜ゼミ」のことも教えてください。
ゼミもオンラインで受講しました。ふだんの授業のプラスアルファの内容や、さらにレベルの高い問題にも取り組み、力をつけることができました。

――過去問の対策はどのようにしましたか?

9月の後半から始めました。問題集についてくる解答用紙を、本番のときと同じ大きさに拡大して取り組みました。
第一志望校の芝浦工大柏中は解き終えた後も2周目、一部の教科は3周目とくり返し対策を重ねていきました。

――入試直前期にケガをしたそうですね。
はい。実は12月の初めに体育の授業で鉄棒から落下し右腕を骨折しました。動かなくて書くこともできない右手を見つめながら、勉強ができるって幸せなことだったんだと気づかされました。そのことがきっかけでやる気に火がつきました。
幸いなことにケガは軽く、1週間後には痛いながらも文字が書けるようになり、1月7日には包帯が取れ、なんとか入試には間に合いました。

――入試が始まったときの様子を教えてください。

1月10日の栄東中からスタートしました。試験当日はとても緊張しましたが、初めてのことなのだから緊張してあたり前だと開き直って臨みました。
芝浦工大柏中は過去問を何度も取り組んだ学校だったので、手応えがあり、試験後はやり切った感がありました。

――合格したときのことを教えてください。

芝浦工大柏中の入試が終わり、その帰り道に東邦大東邦中の合格をネットで確認しました。「やった!」という気持ちとホッとした気持ちと半々でした。
芝浦工大柏中の1回目の入試ではグローバル・サイエンスクラスでの合格を手にすることができませんでしたが、2回目の入試で再チャレンジし合格することができました。

――後輩にメッセージをお願いします。

がんばっていると結果はついてきます。志望校を目指し努力を続けてください。一人の力だけでは合格を勝ち取ることはできません。
家族や先生方への感謝も忘れないでください。

 

 

難関中学受験を本気で目指すならEIKOH LiNKSTUDY


                
  • 小学生
  • グループ指導
  • 個別指導

お知らせ一覧へ

お問い合わせ

受験や学習に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。
各種オンライン説明会も実施中です。

お電話でのお問い合わせ

0120-122-853
月~土 11:00~19:00

メールでのお問い合わせ

info@eikoh-link-study.com